ページトップへ

金沢だより

バブリーな友人が

去年に引き続き

またもやドイツへ。

すてきな写真を送ってくれたけど

どこなのか

何なのか

さっぱりわからない

 

何とかわかったところ

 

 ケルン大聖堂

 

 世界最大のゴシック建築 

 

 

ケルン大聖堂は 

建築の途中、財政難により

約200年間作業を中断していた時期があり

600年以上かけて

完成した大聖堂

 

サグラダ・ファミリアが

飛び抜けて建築期間が長いのかと思ってたら

全然上!

サグラダ・ファミリアは

現代の高度なIT技術を駆使することで

当初予定していた工期の約半分150年をきる

2026年に完成予定だそうです

8年後。あっという間

 

そもそもの建築家が

思い描いていた通りなのか

よりよく完成してる(する)かはわかりませんが

世紀を超えて

しっかりと受け継がれ

完成することが

信じられないし

プロってすごい

 

ケルン大聖堂内

身廊

その高さ43.5m

どんなだ

外観だけでなく

中身の壮大さと美しさも

想像以上なのは

写真だけでも伝わります

 

何かとスケールの大きいドイツに

連れてって欲しいものです