ハウスメーカー品質の木材

 

住友林業がイノスの家に特別に提供するオリジナル木材、
PFウッドは独自の厳しい検査により厳選された木材です。

 

 

 

 

 

 

 

PFウッドの厳しい基準

 

含水率検査

木材は水分を多く含んでいるため、あらかじめ乾燥しておくことによって、収縮や変形のほとんどない優れた建築材料になります。
収縮や変形がほとんど起きないとされる含水率は、およそ15%以下です。一般的に流通している木材は表面の含水率しか測定しないため、芯はまだ乾燥できていないことがあります。そのため、長く使っていると狂いが生じてしまうことがあります。
しかしPFウッドは、合格基準を「内部の含水率15%以下」としているため、狂いがほとんどありません。

 

 

強度検査

PFウッドは構造計算にあった強度に設定し、一本一本検査を行っています。

樹種の特性ごとの強度等級区分

 

 

目視検査

JAS機械等級区分より厳しい目視基準で、熟練の職人がチェックしています。

 

 

 

 

 

ページトップへ