西野 安彦 自己紹介へ

食のミニコラム

こんばんは

いつもコーワの家ホームページをご覧いただきありがとうございます。

毎日毎日暑い日が続いております。

今週末は金沢市大豆田にて花火大会が開催されます。人が密集すると熱中症のリスクが高まるそうです。

花火大会に限らずある意味で密を回避することも大事ですね。

さてコーワの家は今週末、ウッドパーク入江・野々市富陽の2会場にてモデルハウス見学会を開催いたします。

予約は不要です。お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

今日のミニコラム

食パンの外側を「耳」と呼ぶ理由

最近は耳までおいしい食パンが増えましたね。実は食パンの端を「耳」と呼ぶのは日本だけなんだそうです。

海外では「外側の皮」と言う意味が多く、アメリカは「クラスト」、フランスは「クルート」と呼びます。

日本では古来より、平面的な物の端っこを「耳」と呼び、ほかにも煎餅や布、紙の端っこも「耳」と呼びます。これは物の平面を人の顔に見立てると、耳が端にあるからではないかと考えられています。

実は焼きあがった食パンの断面(耳以外の白い生地)にある小さな穴を「目」と呼ぶそうです。

これは炭酸ガスの気泡が作った穴で、パン職人は穴の膨らむ方向や形を見れば食感が分かるのだとか・・・

 


 



 

 

1ページ (全1478ページ中)