金沢だより

旅の始まりと終わりを見届けた二条城  $

嶋川 佳奈 自己紹介へ

静かな下鴨神社を後にし、

地下鉄まで10分。歩くのが面倒だから

すぐそばのバス停からバスに乗ったら

満席のバスに30分立つ羽目になりました

へとへと。

最後の力を振り絞って

旅の初めに行った

二条城へ

ライトアップを見に!

こちらは、本日まで間違いなくやってる模様。

【妖怪たちの七夕】をテーマにした

プロジェクションマッピングも開催

 

昼とは全然違った雰囲気の庭園

真っ暗な中

ライトがぼんやり光って

怖いけどきれい

 

 大広間の壁に映し出された

 

 妖怪たち

 

なるほど。こういう系か。

妖怪は置いといて

画像はとってもきれいで迫力があって

2回見ました

 

 ここから出口までが

 また長い道のりです

 黙々とただひたすら歩きます

 

途中、池のあっち側の茶室で

お琴を演奏していました

二条城の庭園内で聴くお琴。

相乗効果でより音色が美しく感じました

 

 大政奉還の後

 慶喜が出て行った門。

 と、まだ信じていたこの夜

 ライトアップされた北門も

 しっかり写真に収めました。

 

体力の限界。

かなりハードな行程でしたが

存分に真夏の京都を満喫

1本電車の時刻を早め岐路につきました。

記事一覧

1ページ (全1011ページ中)

ページトップへ