居住誘導区域

自治体が人口減少社会の中 人口密度を維持すると宣言する地域です

日本は人口減少・高齢化社会に突入しています

地方をみると すでに高齢化 少子化 人口減少によって

持続不可能な地域がたくさんあります

これはなんも地方だけの話ではなく

都市部においても将来同じ姿になります

このようになると 人口減少する市区町村の税収は減ることから

財政がきびしくなり

道路・上下水道などインフラの整備だけでなく

ゴミ収集もままならない状態になるでしょう

特に人口減少が続くと

不動産価格が下落し 自治体の主要な税収である固定緒資産税が減っていきます

人口が急減した結果

あらゆる行政サービスがストップし

財政破綻した北海道夕張市は記憶に新しいところです

不動産は需要と供給のバランスに成り立っています

どんな豪邸であっても

それがニーズのない立地にあるなら価値はありません

不動産の価値は「立地」できまります

くわしくは

コーワの家

鷹栖まで

1ページ (全1447ページ中)