金沢だより

中出部長 自己紹介へ

最近のニュースより.3 ドラフト①

この時期恒例のドラフト会議

今年も128人の選手が指名されました。

ドラフトの陰の主役、スカウトさんについて

選手を発掘するため、各地方迄頻繁に球場へ通う彼らは

どんな点に着目し、逸材を発掘してるのか。

雑誌で読んだのですが、2009年から阪神のスカウトを8年間務めた

中野孝義氏は、一例として捕手を獲得する際のポイントとして

「バッテイングはそんなに見ない、まずはキャッチャーとして

ピッチャーが投げやすい構えか。補給がどれくらいうまいか。それと肩の強さ。」

あと、現在の改善点を直せるか、そうでないかを見ているとの事でした。

この中野さんは、元中日の選手で1982年にセリーグで初めて捕手としてMVPを獲得しました。

2ケタ本塁打を5シーズン記録した打撃力に定評のある選手でした。

1993年に現役を引退したあと、西武や台湾球界で指導者を歴任し

2009年に阪神のスカウトに就任されたそうです。

つづく

記事一覧

1ページ (全1320ページ中)

ページトップへ