金沢だより

駒木 翔太 自己紹介へ

御用納め・仕事納め

今日12月28日が仕事納めになる方が多いのではないでしょうか?

 

官公庁では「御用納め」と呼ばれ、年末年始の休日を前にその年の最期の事務を執る日になります。

 

1873年(明治6年)から、官公庁は、12月29日から1月3日までを休暇とする法律で定められており、

 

12月28日が最後の業務日となり、「仕事納め」となるそうです。

 

現在では、1988年(昭和63年)に施行された「行政機関の休日に関する法律」に定められているそうです。

 

また、官公庁の御用始めは1月4日とされています。

 

企業によっては近年の「働き方改革」の一環として、年末年始の連続休暇がとれるような形となっている所も増えてきているようです。

 

年始からまた気持ちの良いスタートが切れるよう、年末の掃除等しっかりとこなしていきたいと思います。

記事一覧

1ページ (全1367ページ中)

ページトップへ