2/4は、二十四節季の一番目にあたる「立春」になります。

 

立春はようやく冬が終わり、春の気配が立ち始める日という意味を持っています。

 

九州の暖かい地方では梅の花が咲き始め、日本列島南岸を発達しながら東に進んでいく南岸低気圧の発生も「立春」を境に多くなります。

 

「立春」から「春分」の間に、その年に初めて吹く南寄りの強い風を「春一番」と呼びます。

 

今は、あまり春の陽気を感じられないように思いますはが、早く暖かくなって欲しいなと思います。

1ページ (全1477ページ中)