金沢だより

加賀野菜3

打木赤皮甘栗かぼちゃ

昭和初期に打木町の農家・松本佐一郎さんが 

福島県から「会津栗」「甘栗」と呼ばれる種類の種を手に入れたことからが始まりです

その後 味と色が良いものを選びながら種を採り 十数年にわたり研究し作り上げました

関東や関西で人気がありましたが 別の品種の生産が増え

消費者の0好みも変化したことから一度は需要が減り生産も減ってしまいました

現在は価値が見直さrれ市場への出荷も次第に増えています

コーワの家

鷹栖

記事一覧

1ページ (全1347ページ中)

ページトップへ