耐震等級

耐震性の指標として

現在幅広く用いられているのが耐震等級です

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)

耐震1 2 3段階まであります

耐震等級1 建築基準法レベル ギリギリの耐震性能です

災害後に住み続けることが困難で 建替えや住替えが必要となることが多いです

 

耐震等級2 等級1の1.25倍

耐震等級3 等級1の1.25倍

耐震等級が上になるほど 柱や梁が太くなり

窓などの開口部が小さく制約がでやすくなります

 

壁の強化 筋交いを入れる 構造用合板や耐力面材を使用する

床や屋根の強化 床に構造合板をはる

軽い屋根材を使う

柱と梁の接合金物を取り付ける

基礎をべた基礎 コンクリートを厚くする

梁に強度の高い材を使う

バランスよく使用して地震対策したい所ですね

コーワの家

鷹栖

 

 

1ページ (全1472ページ中)