金沢だより

家を建てる時の注意点 地盤について⑤ コーワの家

中出部長 自己紹介へ

建設地が崖や急斜面の場合

崖や急斜面に接近していら場合では、地震や、最近では大雨などで

土砂崩れや擁壁の倒壊などで、家が流されたり押しつぶされたりの危険があります。

やむ得ずこのような場所で家を建てる場合は、擁壁その他で防護措置を講じるか

崖からできるだけ離して建てるようおすすめします。

地域に応じて、各行政にて制限されている場合もありますので

事前に確認する必要があります。

記事一覧|2014年10月

1ページ (全11ページ中)

ページトップへ