金沢だより

駒木 翔太 自己紹介へ

アイスクリーム

昭和39年1964年、アイスクリームのシーズンが始まる連休明けの時期である5月9日を「アイスクリームデー」と決め、

 

東京アイスクリーム協会「現:一般社団法人・日本アイスクリーム協会」が記念事業を開催し、都内の施設や病院等にアイスクリームをプレゼントしたそうです。

 

このことがきっかけになり、5月9日を「アイスクリームの日」としているそうです。

 

日本初のアイスクリーム(氷菓)は、1869年(明治2年)に町田房蔵が横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で、

 

「あいすくりん」という名称で製造・販売したのが初とされています。

 

当時の一人前の値段が2分とされ、現代価格でいうと約8000円ととても高価で一部の人たちが食べていたそうです。

 

この「あいすくりん」は、明治天皇にも献上され、製法としては、富士の氷穴と函館の天然水を用いて作られていたそうです。

 

現代では、いろいろな種類やフレイバーがあり手頃な価格で皆さんに提供されていますが、

 

昔はとても高価だったと知ると、各社の企業努力には頭が上がりませんね

 

皆さんはどこのどのアイスが好きでしょうか?

 

今日は好きなアイスを食べて、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

記事一覧

1ページ (全1347ページ中)

ページトップへ