金沢だより

これからは必要?PM2.5対策 コーワの家

中出部長 自己紹介へ

昨日に続き、パナソニックの新商品の見学会で説明を受けたのですが、

「微小粒子用フィルター」搭載の換気機器が発売されておりました。

たまたま二日前の、PM2.5騒ぎもありまして、メーカーさんも力説しておりました。

 

人が一日に身体に取り入れる物質中、一番多いのが空気だそうで、

約18kg(直径 約3Mの球)相当。

ところがその空気に、砂塵などの自然現象や動物性の花粉や菌、ウイルス。

そして排気ガスなど、さまざまな物質が大気に混じっているそうです。

 

今、住宅では24時間換気が義務付けられていて、

おウチの中の換気が、

住まいにも健康にも大事になっております。

PM2.5の粒子は大変に小さいらしく、従来の換気扇では止められないそうです。

厄介なことですが、これからはどんどん開発されるであろう、

高性能な機械によって、住まい健康を守らなければならないのかと思います。

記事一覧|2014年2月

1ページ (全12ページ中)

ページトップへ