金沢だより

リッツ・カールトン日本支社長談話より(鷹)

鷹栖 健二 自己紹介へ

 

真夏のある日、喫茶店に家族連れがやって来て、娘さんご夫婦はアイスコーヒー、

     お孫さんはアイスクリーム、おじいちゃんは麦茶をオーダーされました。

飲み物を待っている間に、お孫さんがおじいちゃんの異変に気づきました。

夏の暑さと疲れでおじいちゃんが失禁したのです。

そのことに、周りのお客様はまだ誰も気づいていません。

当時26歳だったウエイトレスは、そのテーブルの様子をよく観察していて、

                    いち早く異変に気が付いたのです。

そして彼女は、麦茶をおじいちゃんの前に置くときに手を滑らせました。

麦茶は正確におじいちゃんの股間に向かって飛び散りました。

それで、周りのお客様に聞こえるような声で、

「申し訳ありません。何か着替えるものがないか探しますので一緒に来てもらえませんか?」

                 といっておじいちゃんとお孫さんを連れだしたのです。

機転が利いた対応ですね

自分にできるかな

瞬発力・判断力・行動力、すべて繋がって初めてできる行動ですね

考えさせられました

    話の続きはモデルルームで

         コーワの家

            鷹栖まで

 

記事一覧|2015年2月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ