金沢だより

   ・のりとハガキで簡単!ふすまの破れの修理

 ふすまの紙の破れは、広がらないうちに補修するのがベスト。

まず、ふすまの破れた部分に霧吹きで水をかけて湿らせる。

次に、いらなくなったハガキを破れた部分より少し大きめに

切り、ハガキの表になる面にのりをつけて差し込む。

あとは、破れたふすまをなでるようにハガキに貼りつけて

仕上げる。補修部分が乾くとピンとキレイになる。


 



 

 

記事一覧|2021年9月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ