駒木 翔太 自己紹介へ

ラジオ本放送の日

1925年の今日、東京放送局(現在:NHK)が愛宕山からラジオの本放送を開始しました。

 

ラジオの仮放送が始まったのは1925年の3/22からで、東京・芝浦の東京放送局仮放送所から放送していました、

 

アナウンサーの第一声は「JOAK,JOAK,ジェー、オー、エー、ケー、こちらは東京放送局であります。」と読み上げていたそうです。

 

「JOAK」とは東京放送局のコールサインでm無線局の識別ができるようにするためのもので、当時の受信契約数は約3500件もありました。

 

当時、一日の放送時間は約5時間しかなく、受信料は月額1円だったそうです。当時の一円の価値は今でいうと、1080円ぐらいになります。

 

皆さんも職場や車の中等で何気に聞いているかもしれないラジオですが、今日はすこし耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

1ページ (全1478ページ中)