金沢だより

 

こんばんは   村井です

 

先月ちょっとしたきっかけで

村上春樹の小説を読んだのです

 

「やっぱりたまには文章を読むのもいいものだな」

 

って事で新しい本を購入しにお店へ

 

長編小説だと飽きちゃうし 短編集にしました

 

すると

 

レジで会計してるときに何か不安を感じる・・・

「なんだろう」

 

会計後、車の乗った時にその不安が何かわかりました

 

 

「この本  持ってるかもしれない・・・」

 

 

家に帰りすぐ本棚を確認すると

 

 

 

「あった・・・」

 

 

全く記憶にない

しかも小説の内容も何も覚えてない

 

おいおい 大丈夫か? ホント

 

 

せっかくなので新しい方を読み始めました

 

 

 

 

そして2冊になったこの小説

 

 

今回は誰からも「ちょうだい」とは

 

 

 

言われませんでした・・・

記事一覧

1ページ (全1356ページ中)

ページトップへ