金沢だより

27日までに、鹿児島大学が新種の生物を発見したそうです。

 

新種につけられた名前が「オシリカジリムシ」という名に命名されました。

 

なぜこんな名に命名されたかというと、

 

鹿児島県出水市の干潟の泥中に潜っていたハゼの仲間に分類される魚の尻びれに付着している所を発見され、

 

共生するハゼの尻びれをかじっているように見えたため、某テレビ局とキャラクター作成者の了承のもと命名されたそうです。

 

この新種「オシリカジリムシ」は、種より上位の分類階級の科や属にも既存の分類に該当するものない珍しい生物だそうで、

 

英國際誌電子版というものに掲載されるほど、すごい発見だったそうです。

記事一覧

1ページ (全1347ページ中)

ページトップへ