イベント報告

◆終了しました

第26回「私の住みたい家」 児童画コンクール表彰式

第26回「私の住みたい家」 児童画コンクール表彰式
日時令和2年11月14日 土曜日
場所石川県庁19階展望ロビー 交流スペース

住んでみたいな 夢の家、未来の家

第26回「わたしの住みたい家」児童画コンクール


子どもたちが描いた家の絵と立体模型が並ぶ会場=
金沢市青草町の金沢アートグミで(
北陸中日新聞)

 

国土交通省が提唱する「10月は住生活月間」の協賛事業として、住まいへの関心を高め夢を

はぐくむことを目的とした、石川県内在住・通園通学する幼児及び小学生を対象の、第26回

「わたしの住みたい家」児童画コンクールの表彰式が、11月14日土曜日に石川県庁19階展望

ロビー 交流スペースにて、特別賞と優秀賞の表彰式が開催されました。 

 

主催:いしか21世紀住まいづくり協議会、北陸中日新聞
後援:石川県、石川教育委員会、住宅金融支援機構北陸支店、
(一財)石川県建築住宅センター、コーワの家 

 

 

石川県内の児童を対象に、「こんな家や街、場所で暮らしたい、こんな部屋があったら…」など

内・外観にこだわらずに「家」に関するテーマで募集した絵画。常識にとらわれない子供たちの

視点から見る家や部屋、街並みが、絵画を通じて豊かな創造力とアイデアがあつまりました。

 

今年の児童画コンクールでは、新型コロナウイルスの影響で、夏休みが短い中にも関わらず、

石川県内在住・通園通学する幼児および小学生からの応募作品656点の応募がありました。

 

主催・後援団体等から選出の、審査員によって選ばれました《特別賞》幼児の部・小学生の部

から、各1点( 計14点 ) いしかわ21世紀住まいづくり協議会賞、北陸中日新聞代表賞、石川県知

事賞、石川県教育委員会賞、住宅金融支援機構北陸支店長賞、石川県建築住宅センター理事長

賞、コーワの家社長賞と《優秀賞》同3点(計6点)の、表彰式となりました。

 

もちろん感染症対策、ソーシャルディスタンスでの式典です。

 

第26回 わたしの住みたい家《特別賞》コーワの家社長賞 幼児の部に輝きましたのは

戸水 遥仁さんの 「みんなが安心な家」です。 弊社も心掛けてます!

おめでとうございます。

続きまして

第26回 わたしの住みたい家《特別賞》コーワの家社長賞 小学生の部に輝きました

伊藤 采羽さんの 「生き物がすむ町」です。おめでとうございます。

 

「わたしの住みたい家」児童画コンクールは、コーワの家社長賞とし毎回後援させて

いただいております。

受賞者の方また受賞されなかった方も「わたしの住みたい家」を、夢のマイホームと

して終わらせるのではなく実現させ、また家や町を造る側になりコーワの家と共に

未来を。そして街を造っていこうではありませんか。

 

なにはともあれ、受賞された皆さま。おめでとうございました。

 

 

 

ページトップへ