イベント報告

◆終了しました

ネット・ゼロエネルギーハウス
ENETOMOの家 新登場

 

ネット・ゼロ・エネルギーハウスとは。

住宅内のエネルギー消費を抑え、同時にエネルギーを創ることで、
家庭でのエネルギー消費量を差し引きでネット(正味)ゼロにする住宅です。
国が普及を推進しており、2030年の新築住宅は、すべてネット・ゼロ・エネルギー化
をめざすとされています。
 

経済的で、環境にも貢献します。

エネルギー消費をネットでゼロにすることで、光熱費0円も可能に。
CO2の排出量を抑えることもでき、家計にも地球にもやさしい住まいとなります。
 

ネット・ゼロ・エネルギーハウスが求められる背景。

家庭でのエネルギー消費量は増加傾向にあり、
その内訳は冷暖房や給湯で半分を占めています。
これらの消費量を抑えられる住まいづくりこそ、今、求められているのです。
 
【世帯あたりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移】
(経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー白書2011」より)
※J(ジュール)はエネルギーの単位。
 1J=1ワットの仕事率を1秒間行ったときの仕事=1W・s(ワット秒)とも定義できます。
 

 

 

高断熱・高気密で、燃費のいい家

独自の技術や設備で、断熱・気密性能を徹底的にアップ。
夏も冬もエアコン2台程度で家中が十分に快適になります。
エネルギー消費量が少なくても快適な、燃費のいい住まいです。
 

太陽光発電を搭載し、光熱費0円も可能に。

エネルギー消費量を最小限に抑えるうえに、太陽光発電によってエネルギーを創ります。
そのため、光熱費(冷暖房、換気システム、照明、給湯)を0円に抑えることが可能となります。
太陽光モジュールをさらに増やして搭載すれば、売電によるメリットはさらに向上します。
※一般的な家庭の光熱費を想定。平成24年10月現在の電力の購・売電価格に基づいて算出。
 

設計の工夫で、家中が快適な温度。

技術や設備に加え、設計の工夫もプラス。エアコンなどで適温にした空気を、
各部屋にスムーズに循環させることで、心地よさや暮らしやすさを実現しています。
 

   

 

 

   

  

詳しい内容をお知りになりたい方は、下記よりお問合せください

 

ページトップへ